能登麻美子さんとスタインウェイと一緒に

本日は、今週末のイベント「能登麻美子おはなしNOTE」公開収録のリハーサルでした。

 

文化放送 超!A&G+のラジオ番組「能登麻美子おはないNOTE」は、

声優の能登麻美子さんが、小説や物語、民話や絵本、童話、ライトノベル、詩などを「朗読」される番組。

耳からお話を聞く、というのは、読むのともまた違った良さがあり、
加えて能登麻美子さんの脳を通らず直接心に語りかけ、響きわたってくる、(←土井の表現です、笑)

素敵な朗読が楽しめる番組です。

会場の文化放送メディアプラスに置いてあるのは、とーーーーっても優しい音色のスタインウェイ。
かれこれもう5年も公開収録に出演させていただいており、感謝の限りです。
このピアノさんとも5年目のセッションです。

本番はもちろん、一期一会の楽しさがあるのですが、
リハーサルはリハサールで実はとっても興味深いんです。

いろんな表現、展開、演出を試してみると、麻美子さんの朗読が変わればピアノも変わり、
まるで掛け合いのように進んで行って、出来上がったものが1回目と全然違ったり。

「言葉」と「音」は、溶け合ったり、隣で並んで歩いていたり、弾け合ったり、引っ張りあったり。

それはそれは巧みに変化し、物語を演出していきます。

さて、今回はどんな世界が広がっていくのか、、、、
日曜日にご参加くださる皆様、楽しみにしていてください(^^)
私もとっても楽しみです♪